オリーブオイルで健康生活

オリーブオイルのマメ知識

一口に「オリーブオイル」と言っても、
種類やブランドによって価格も様々。

期待する効果に応じて選ぶ必要があります。

 

また、店頭販売しているものもあれば、ネット通販で買えるもの、
海外から輸入しなければならないものもあります。

 

服や化粧品を選ぶように、
オリーブオイルも自分に合った物を購入しましょう。

 

ここでは、オリーブオイル生活を始めるにあたってのマメ知識をご紹介します。

オリーブオイルのマメ知識エントリー一覧

オリーブオイルのソムリエ
ソムリエといえば、レストランでワインを選んでくれる人を思い浮かべる方が多いと思います。しかし、もともと、ソムリエの語源は「運搬や労役用の牛馬の使い手」を意味するラテン語、sagmarius。これが、やがて王様の旅行に御供して荷物を運搬・管理する人を指すようになり、のちに「宮廷で食事とワインを管理する人」を意味するようになったのです。現代では、ワインの専門職の意味で使われることが多いですよね。日本でも、1995年の世界ソムリエコンクールで田崎新也氏が優勝したことをきっかけに「ソムリエ」という言葉が...
オリーブオイルのブランド
健康や美容に絶大な効果があることが分かり、今や女性に大人気のオリーブオイル。「オリーブオイル、私も買ってみようかな」…と、興味を抱いている方も多いことでしょう。しかし、一口にオリーブオイルと言っても、ブランドがたくさんあって選べない!イタリアのブランドの物もあれば、スペインやポルトガルの物もあって…。「オリーブオイルにこんなにブランドがあるなんて知らなかった」と驚いた方も多いかもしれません。そこで筆者がオススメするのは、「CARM」というブランドのオリーブオイル。ネットの通販で話題のブランドで、...
オリーブオイルは酸化しやすい?
オリーブオイルに限らず、オイルについての話題になるとよく出てくる「酸化」という言葉。「酸化した油は身体に悪い」ってよく耳にしませんか?でも、酸化とは具体的にどんな現象を言うのでしょうか。オリーブオイルをはじめとする油脂性の食品は、長期にわたって保存しておくと、空気中の酸素や湿気、熱、光、金属イオン、微生物、酵素などの作用によって、味や風味が劣化してしまいます。また、味だけではなく、食品の栄養価値までも低下!場合によっては人体に毒性を示すようになってしまいます。このような油の劣化現象が、いわゆる「...
小豆島のオリーブオイル
「小豆島(しょうどしま)」という地名、よく耳にしませんか?小豆島は、瀬戸内海 にある人口約32000人の島です。香川県に属していて、横に向いた牛が西を見ているような…そんな面白い形が特徴的!瀬戸内海では、淡路島に次いで2番目の面積を誇ります。ご存知の通り、瀬戸内海は温暖な「瀬戸内海式気候」。そのため、北国では栽培できない植物もすくすくと育つのです。その代表格が、オリーブ。そう、あのオリーブオイルの元となる植物です。今でこそオリーブオイルはすっかり日本人の食生活にも定着していますが日本で栽培される...
オリーブオイルの価格を比較してみる
「健康に」、「美容に」といまや大人気のオリーブオイル。種類も豊富で、各社から様々なオリーブオイルが発売されています。そこで気になるのは、価格。普通のサラダ油なら、近所のスーパーで500円もあれば買えますよね。では、オリーブオイルは??実は、オリーブオイルの価格はその品質によって千差万別。高品質でランクの高いもの(エクストラバージンオリーブオイル)は価格も高いですし、精製したりブレンドしたりしたものは比較的安価。ここでは、ネットのランキングサイトを参考にオリーブオイルの価格を紹介してみたいと思いま...
最高級のオリーブオイル
みなさんは、“本物の”オリーブオイルを召し上がったことがありますか?「え…。スーパーで売っているオリーブオイルは 本物のオリーブオイルじゃないの?」確かに、スーパーで手に入る1000円以下のオリーブオイルも、オリーブオイルには違いありません。しかし、オリーブオイルはグレードによって風味が全然違う!!特に、最高級のオリーブオイルと言われている「エクストラバージンオイル」は、味も香りも素晴らしいのです。オリーブオイルというと、ちょっとクセのあるニオイが苦手な方も多いかもしれませんが、最高級のオリーブ...
オリーブオイルの専門店 
オリーブオイルの瓶って、まるでワインのようですよね。自宅にあるサラダ油のそっけないボトルとは違って、すごくオシャレ!きっと、オリーブオイル専門店に行くと、ワイン専門店のようなヨーロピアンな雰囲気なんだろうなあと憧れを抱いていました。そして、ついに!行ってきましたよ、オリーブオイル専門店!筆者が訪れたのは、東京の伊勢丹新宿本店、食品フロアの「オリオテーカ」というお店です。なんでも、ここまで本格的なオリーブオイル専門店は日本では初めてなのだとか。自社直輸入の商品を中心に、国内インポーターから厳選した...
オリーブオイルの賞味期限 
長短の差はあれど、どんな食品にも賞味期限というものがあります。賞味期限とは、比較的保存のきく食べ物に対して「その期間内であれば、美味しく食べられますよ」と製造メーカー側が品質を保証する期間のことです。(※開封前に限る)これに対して、「消費期限」は、保存がきかない食品に表示してあるもの。例えば、生ものですね。「この期間内なら、食べても安全ですよ」という期間です。オリーブオイルにも、当然のことながら賞味期限が定められています。どのくらいか?というと、 国際オリーブオイル協会の定めによれば、瓶詰めして...
オリーブオイルの作り方
最近は、ほとんどの家庭に1本は姿を見かけるオリーブオイル。健康やダイエット、美容にも絶大な効果を発揮することで人気を集めていますが、その作り方をご存知の方は少ないかもしれません。確かに、油の作り方なんて知らなくても、料理することに支障はありませんからね(笑)。でも、オリーブオイルをはじめ、植物油は色んなお料理に使うもの。自分や大切な家族の身体を作る素となるものですから、どんな作り方で製造されているのか興味を持つことは大切なことではないでしょうか。そもそも、オリーブオイルはオリーブの種から取った油...
オリーブオイルの保存方法
みなさん、料理に使うオリーブオイルをどこで保存していますか?「すぐに使えるように、ガスレンジの横に置いてある」「劣化すると困るから、冷蔵庫に保管している」…そういう方、多いのでは??でも…残念ながら、どちらの保存方法も間違いです。オリーブオイルは、熱にも寒さにも弱いのです。オリーブオイルは、30度以上の高温に長い間置いておくと品質が劣化してしまいます。ですから、オリーブオイルが入った瓶が必然的に高温になってしまうガスレンジの脇などもっての他!高温になる場所は避けて保存するのは鉄則です。逆に、温度...
オリーブオイルの輸入販売 
イタリアやスペインといった地中海沿岸の国々の料理がメジャーになるにつれ、日本でもオリーブオイルの需要が急上昇!国内のオリーブオイル生産地で有名なところといえば四国の小豆島ですが、それだけではまかない切れずに海外からも大量に輸入しています。そこで気になるのが、その輸入量。一体、日本はどれだけの量のオリーブオイルを輸入しているのでしょう?日本が海外からどのような食品をどれだけ輸入しているのかを知りたい場合は、財務省の貿易統計が役に立ちます。このデータから集計すると、図のグラフのような傾向が…!90年...
オリーブオイルの通販
オリーブオイルの需要の高まりを反映するかのように、オリーブオイルを扱う通販サイトも豊富です。数あるオリーブオイル通販サイトの中でも、筆者がお気に入りなのは、コチラのサイト。『おいしいオリーブオイル通販・販売店』です。ここでは「お客様に本物のオリーブオイルの味を知って欲しい」という理念の下、最高級のオリーブオイルとの出会いをプロデュースしています。この通販サイトで扱っているオリーブオイルは、とりあえずどれも瓶がオシャレ!「何事も外見から入る」というタイプには特に気に入っていただけるのではないでしょ...