オリーブオイルで健康生活

オリーブオイルはそのまま飲める?

オリーブオイルは、オリーブの実から採取する油。
唯一、果実を絞っただけでできるオイルなのだといいます。

考えてみれば、一種のフレッシュジュースのようなものなんですよね!

 

とはいえ、テレビなどで、オリーブオイルをそのまま飲む姿などを見ていると、
「油をそのまま飲むなんて…胃もたれとかしないのかなあ」

と嫌悪感を抱いてしまいます。

 

しかし、本場の新鮮なオリーブオイルは、私たちが想像しているような
「いかにも油!」といったしつこさはないのだとか。

すっきりしていて、そのまま飲むにも抵抗がない味なのです。

 

また、人によっては、フルーツジュースに混ぜて飲んでいるという方も。

 

近年は、ダイエットのために
オリーブオイルを毎日飲む習慣を続けている人も多いといいます。

例えば、タレントの柴田理恵さんや渡辺えりさんも、
オリーブオイルダイエットの実践者です。

オリーブオイルは本当にダイエットに効果的なの?

オリーブオイルをそのまま飲む
という健康法・ダイエット法が巷で話題になっています。

このような健康法は、地中海沿岸の国々では
古くから当たり前のように行われていたのだとか。

 

このダイエット法を世界に広めるきっかけを作ったのは、
アメリカ カリフォルニア大学の心理学者 

セス・ロバーツ氏であったといわれています。

 

セス・ロバーツ氏は、フランス滞在中に
オリーブオイルたっぷりの料理を食していたのだとか。

これだけ聞くと
「さぞや体重が増えてしまったに違いない」

と思ってしまいがちですが…

 

徐々に食欲がなくなり、太ることはなかったのだそうです!!

 

この疑問を解決すべく研究を重ねた結果、
どうやらオリーブオイルが要因であったらしいという結論に至ったのです。

 

では、なぜ、オリーブオイルを飲むことは食欲の減退につながるのでしょうか?
それは、オリーブオイルの約72%を占めるオレイン酸に、

脳(視床下部)にある満腹中枢を刺激する働きがあるため。
ですから、食事の約1時間前にオリーブオイルを飲むと、

その後の食事で早めに満腹感が生ずることとなり、
食欲が減って自然に食事量を減らすことができるのです。

 

そもそも、ダイエットの失敗理由で圧倒的多数を占めるのは
「食欲に負けてしまう」ということ。

自然に食欲を抑えられるのであれば、
これほどダイエットに効果的なことはありませんよね。

オリーブオイルを飲むならこんな方法で!

ジュースを選ぶ時、
「果汁100%かどうか?」

「無添加かどうか?」
「農薬は使われていないか?」

といった観点で選ぶ方って多いですよね。
口から体内に入れるものですから、気になるのは当然のことです。

 

オリーブオイルも然り。
特に、ジュースのようにそのまま飲むのであれば、

味はもちろんのこと安全性が気になるところです。

 

オススメなのは、酸度0.8以下のエキストラバージンオリーブオイル
それも、無農薬で栽培されたオリーブを使ったものをオススメします。

 

エキストラバージンオリーブオイルは、
しぼりたてのオリーブジュースのようなもの。

ブランドや産地によって味も違いますので、
自分の好みに合った物を探しましょう。

毎日飲むものですから、楽しく&美味しく飲めたほうが良いですからね!

 

次に、飲み方ですが、 食事の1時間くらい前に、
大さじに軽く1杯(10ml)程度を1日2回飲むと効果的です。

そのまま飲むというのでもいいですし、
ジュースやレモン水で飲むのも良いでしょう。

 

オリーブオイルには独特の風味がありますので、
慣れるまではちょっと抵抗を感じる方も多いかもしれませんね。

 

※注意
ただし、オリーブオイルも油の一種。

カロリーは決して低くありませんので、飲み過ぎは禁物です。

オリーブオイルを飲む関連エントリー