オリーブオイルで健康生活

オリーブオイルと便秘の関係

便秘でお悩みのみなさん、何か対策はされていますか?

 

「バナナなど、フルーツをたくさん摂るようにしている」
「水分をたくさん飲む!」

「センナ茶やドクダミ茶を愛飲している」
「ヨーグルトを食べるようにしてる」

「便秘薬に頼っている」

 

…快適な便通のために、人によって色々な対策をされていることでしょう。

 

それでもなかなか便秘が改善しないと言う方に、朗報が!

 

実は、オリーブオイルで便秘が改善されるというんです。
まずは試しに、毎朝、オリーブオイルを大さじ1杯飲んでみましょう。

コレ、イタリアでは古くから伝わっている便秘解消法なのだそうです。

 

でも、一体、なぜオリーブオイルが便秘解消に効果的なのでしょうか?

 

その理由は、まず、単純に
オイルが腸内で「潤滑油」的な役割を果たしてくれること。

油分がなければ、便もするっと出てくれないのです。

 

次に、「オレイン酸」という脂肪酸の効果によるもの。
オレイン酸は、小腸で吸収されにくいため、

その分、腸を刺激して排便を促す作用があるのだそうです。

 

また、オレイン酸には善玉コレステロールを上げて
悪玉コレステロールを下げる効用があります。

そのため、動脈硬化や心臓病、
成人病などの予防効果も期待できるのだとか!

 

苦しい便秘を解消してくれるだけではなく、
血液をキレイにしてくれる効果もあるなんて、

オリーブオイルの力はスゴイですね。

オリーブオイルをどうやって摂取する?

オリーブオイルが便秘の改善に絶大な力を発揮することは分かりました。

 

しかし、まだまだオリーブオイルよりもサラダ油がメジャーな日本。
毎日無理なく摂取するためには、

料理法にもちょっとした工夫が必要です。

 

イタリアでは、そのまま飲んだり、
フランスパンに塗って食べたりする方法が一般的。

確かに、イタリアンレストランに行くと、
パンとオリーブオイルが一緒に出てきたりしますよね。

 

「でも、オリーブオイルって独特の風味があるし、
そのまま食べるのはそれはちょっと抵抗が…」

という方も多いことでしょう。

 

その場合は、オーソドックスに、
オリーブオイルを使ったソースでパスタを食べましょう。

もっと言えば、普段使っているサラダ油を
オリーブオイルに替えてしまえば良いのです。

 

炒め物や煮物にオリーブオイルを使うのが嫌だという方は、
サラダのドレッシングとして

オリーブオイルを使ってみてはいかがでしょうか?
サラダも便秘の解消には効果的なメニューですので、

これにオリーブオイルを加えればさらにパワーUP!

 

オリーブオイルの凝ったデザインの瓶が食卓にあるだけで、
生活がちょっとオシャレな雰囲気になりますよ。

頑張って、オリーブオイルを飲んでみる

しつこい便秘でお悩みの方には、
朝、大さじ2杯のオリーブオイルを飲む方法がオススメ。

最初は抵抗感があるかもしれませんが、
これを2週間続けると効果はてきめんです。

 

実際、イタリアでは、
オリーブオイルをそのまま飲むという健康法が習慣づけられているんです。

 

ただし、そのまま飲むなら、新鮮なバージンオリーブオイルに限ります。
酸化したオイルや質の悪いオイルは、かえって健康に害を与えてしまいますので…。

 

そのまま飲むのが無理ならば、
パスタにかけて食べるというのはいかがでしょうか。

シンプルな味わいのぺペロンチーノなら、
オリーブオイルとの相性もバッチシです。

 

オリーブオイルに含まれているオレイン酸には、抗酸化作用があるため
お肌の老化防止にも絶大な力を発揮してくれるハズ。

オリーブオイルは、健康だけではなく
美容もサポートしてくれる心強い存在なのです。

オリーブオイルで便秘解消♪関連エントリー