オリーブオイルで健康生活

オリーブオイルは料理によって使い分ける!

健康のためにオリーブオイルを使ってみよう!
…そう思って意気揚々とスーパーや専門店へ出かけてみたものの…。

 

ナニコレ、なんでこんなに色々あるの。
どれを選んだら良いのかわかんないじゃん!

みんな、どうやって使い分けているの〜??

 

と、混乱してしまった方も多いでしょう。
たしかに、オリーブオイルには種類もありますし、

メーカーや原産国の違いで色々な商品が出回っています。

 

大まかな使い分けとしては、
「加熱しないで使うのか」それとも、

「加熱料理に使いたいのか」ということでしょう。

 

日本国内のお店で見かけるのは、「バージンオリーブオイル」
「ピュアオイル(いわゆる“オリーブオイル”と表示)」でしょう。

 

まずは、バージンオリーブオイルですが、
これはオリーブの果実を搾ってろ過しただけの、

ありのままの一番搾りジュース。
酸度の違いなどにより、さらに

「エキストラバージン」「バージン」「オーディナリーバージン」
に区別されます。

 

みなさんがよく見かけるエキストラバージンは、
酸度が0.8%以下でオリーブオイルの中でも最高級品と言われているもの。

色はグリーン系のものがほとんどです。

 

このバージンオリーブオイルは、
オリーブそのもののフレッシュな風味が魅力ですので、

加熱せずに使うことが多いです。
例えば、サラダのドレッシングやパンのディップなどですね。

 

これに対して、ピュアオイルというのは、バージンオリーブオイルと、
精製したオリーブオイルをブレンドしたオイルのことです。

 

精製とは、不純物を取り除く過程のこと。
ピュアオイルはイエローっぽいカラーが特徴的ですね。

残念ながら、バージンオリーブオイルに比べると風味はやや劣ります。
主に、焼き物や炒めものなど、加熱料理に使われることが多いです。

 

料理によって上手に使い分けよう!オススメのオリーブオイル

オリーブオイルの種類や使い分けについては、ざっくりとでも分かった。でも、あれだけたくさんのブランドがある中から、
みんなは一体どうやって自分の好みに合うものを選んでいるのか…

 

気になりますよね。

 

スーパーや通販では難しいと思いますが、
オリーブオイルの専門店なら

テイスティングをして自分好みの味を探すことも可能です。

 

専門店はほとんどの場合、オリーブオイルの専門家である
ソムリエの資格を持ったスタッフがいますので、

商品の選び方や使い分けについて相談に乗ってもらうことも可能です。

 

オリーブオイルは、パスタやドレッシングなどのイタリアン用、
和食の隠し味用、またヘルシー志向からのふだん使いの油用…と、

用途に応じて使い分けることができる非常に便利なオイル。
ここでは、料理によって使い分ける際のオススメオイルをご紹介しますので、

ぜひ参考にしてみてください。

 

●生野菜との相性バッチリ! 
スポンタネオ EXオリーブオイル

250ml 1,700円

 

オリーブの実を圧力をかけてエキスを搾り出した後、
自然沈殿させて上澄みだけを汲みとったオイル。

自然のままのオリーブの成分や風味をたっぷり楽しむことができます。
さらっとしたのどごしで、少しピリッとした後味があるのが特徴。

カルパッチョやサラダなど、そのままかけて使う料理にピッタリです。

 

 

●肉料理にはコレ!
テヌータ・サン・マルティーノ

エキストラ・ヴァージン・オリーブオイル
750ml 1,350円

 

南イタリアのプーリア州のサン マルティーノ オリーブ園で収穫される
コラティナ種とオリアロラ種のみ使用した未ろ過のオリーブオイルです。

マイルドな口あたりと、オリーブ&アーモンドのちょっと濃厚な風味が
お肉の味を引き立ててくれます。

オリーブオイルの使い分け関連エントリー