オリーブオイルで健康生活

揚げ物にもオリーブオイルを!

オリーブオイルといえば、やっぱり地中海沿岸の国々。
イタリア料理やスペイン料理のほとんどに

オリーブオイルが使われていますよね。

 

これらの国々を訪れたことがあるという方はご存知だと思いますが、
女性も男性も体格の良い方が多いですよね(笑)。

きっと、毎日の食生活が豊かなことも影響しているのでしょう。

 

日本では、「体格が良い=生活習慣病=不健康」
というイメージが強いと思いますが、

実は、地中海沿岸の諸国ではその常識は通りません。

 

なぜかというと、
太っていても心臓疾患系の病気にかかる割合が非常に少ないから!

日本では、肥満と血管系の病気の関係は非常に密接ですが、
向こうの国々ではそうでもないんです。

それは一体なぜなのか?

 

ズバリ!オリーブオイルの力です。
オリーブオイルは、血液中の悪玉コレステロールを減らして

善玉コレステロールを増やしてくれる作用があります。
(←詳しくは、コレステロールの項目でご紹介しています)

そのため、他の食用油よりもヘルシーなんですね。

 

炒めものはもちろんのこと、揚げ物にもオリーブオイルを活用して、
家族の健康をサポートしましょう。

オリーブオイルと加熱の関係

野菜とも、お肉とも、お魚とも相性の良いオリーブオイル。
最近は日本でも、炒め物や揚げ物に大活躍していますよね。

 

実は、オリーブオイルは、
数ある油の中でも加熱料理に適した油なんです。

ちょっと難しい話になりますが…。

 

植物油や動物脂は、加熱すると加水分解を起こし、
“遊離脂肪酸”“グリセリン”という物質に分解されます。

このグリセリンがさらに加熱されると酸化を起こして、
神経組織や肝臓細胞にダメージを与える物質を発生させると言われています。

 

ところが、オリーブオイルは加熱による酸化に対して強い性質を持っているため、
健康被害のリスクが他の油脂に比べるとかなり少ないのです。

そもそも、加熱料理に適した油の条件は以下の通りです。

 

●加熱により油自身が酸化しにくいこと
油脂には、「脂肪酸」という、

数個〜十数個の炭素が一列につながって出来ている成分が含まれています。
さらに、同じ脂肪酸でも、炭素同士の結びつき方の違いによって

「飽和脂肪酸」と「不飽和脂肪酸」の2種類に分かれており、
そのうち「飽和脂肪酸」は酸化しにくいと言われています。

 

しかし、飽和脂肪酸は、
動脈硬化を引き起こす要因の一つとも考えられているため、

健康面を考えると「酸化のしにくさ」だけで油を判断することはできません。

 

●常温で液体であること
飽和脂肪酸は、常温では固体です。

代表的な例でいえば、バターやラードなど。

 

一方、常温で液体なのは、不飽和脂肪酸のリノール酸やαリノレン酸、
オレイン酸を多く含む油です。

ただし、αリノレン酸は、非常に酸化しやすい点が難点。
そのため、加熱料理にはあまり適していません。

オレイン酸はリノール酸とαリノレン酸より酸化しにくい油です。

 

オリーブオイルの脂肪酸の成分は10%が飽和脂肪酸、
80%がオレイン酸、10%がリノール酸などです。

そのため、オリーブオイルは「酸化しにくく」「常温で液体」
という3条件を満たしているといえます。

 

※注意
ただし、搾りたてのエキストラバージンオイルは

加熱すると香りが飛んでしまいます。
炒め物や揚げ物など、加熱する料理には向いていません。

オリーブオイルは揚げ物に最適!

揚げ物をする場合、ほとんど油は素材の中に浸透してしまいがち。
ところがオリーブオイルの場合は、油が素材の表面に止まり、

素材の中へあまり浸透しません。

 

しかも、素材に素早く熱を通す性質があるため、
油っぽくならない点もポイント◎

「揚げ物=油っぽい」という先入観を覆す、
さっぱりした仕上がりが期待できます。

これなら、揚げ物でも余分な脂質の摂取を避けることができますよね。

 

オリーブオイルで揚げ物をする場合の最適温度は180℃。
風味を損なわないためにも、

2回程度使ったら新しい物と差し替えるようにしましょう。

 

オリーブオイルを使った揚げ物料理としては、
オイルフリッターがメジャーですよね。

オリーブオイルは食材特有のニオイを消してくれる作用がありますので、
えびやいかなどのシーフードとも相性抜群!

今夜は、えびの素揚げなどいかがでしょうか。

 

オリーブオイルで揚げ物はできる?関連エントリー