オリーブオイルで健康生活

オリーブオイルは種類が豊富!

オリーブオイルは、オリーブの果実から作られる油です。
果実を搾っただけで油が摂れるなんて、

ちょっと不思議な感じがしますよね。

 

搾りたてのオリーブオイルは「ジュース」にも例えられ、
そのまま飲む人もいます。

 

しかし、オリーブオイルは搾っておしまいではありません。
その後の処理方法により、いくつもの種類やランクに分かれているんです。

 

イタリアでは、この区分は法律によって定められているのだとか。
市販されているオリーブオイルには様々なラベルが付けられていますが、

しかるべき認定を受けなければ付けられない表示もあるのです。

 

ここでは、オリーブオイルの種類について詳しく見ていきましょう。

バージンオリーブオイル

オリーブオイル,種類

オリーブオイルは、大きく分けると

 

・バージンオリーブオイル
 果実をそのまま絞ったもの

 

・精製オリーブオイル
 バージンオリーブオイルを搾った後の採油カスから抽出したもの

 

・オリーブオイル
 精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドしたもの

 

…の3種類に分けられます。
バージンオリーブオイルは、さらに次の4種類に分けられます。

 

・エクストラバージンオリーブオイル
 酸度0.8%以下

 風味の素晴らしさは申し分のない、最高級のオリーブオイルです。
 ワインのように、産地・摘んだ時期・圧搾やり方など

 様々な条件で味がかわります。
 そのまま飲んだり、サラダ、 マリネの香りづけなどに使われます。

 

 

・ファインバージンオリーブオイル(酸度1.5%以下)
・オーディナリーバージンオリーブオイル(酸度3.3%以下)

 エクストラバージンオリーブオイルに比べると、
 辛みや苦みがやや強めです。

 イタリアなどの原産国ではごく一般的に流通していますが、
 日本では販売していません。

 なぜかというと、日本の食用油の品質基準は
 精製を前提としているため、

 精製していないものは輸入できないのです。

 

・ランパンテバージンオリーブオイル
 酸度3.4%以上

 語源は「灯油用」。食用には向いていません。 
 精製する必要があります。

 

※酸度が低いほど、酸化しにくく安定した品質であることを示しています。


精製オリーブオイル

酸度が3.4%以上あるランパンテバージンオリーブオイルは、
精製して不純物を取り除かなければ食用にはできません。

 

また、酸化したオイルを化学的に還元して、脱色や脱臭を行います。

 

こうしてできるオイルは、
「精製オリーブオイル」という種類に分類されます。

これは酸度の基準が厳しく、
エクストラバージンオリーブオイルよりも低い、

0.3%以下という値が義務付けられているのだとか。

 

また、精製オリーブオイルにはもう1種類あり、
それが「精製オリーブポマースオイル」と呼ばれるものです。

ポマースとは、「搾りカス」の意味。
バージンオリーブオイルを搾った後のカスにもまだ油分は残っていますので、

これを、有機溶剤を使ってオイル抽出するのです。

 

いわゆる、「二番搾り」ですね。

 

これは、酸度が1.5以下で、
ファインバージンオリーブオイルと同じくらいです。

オリーブオイル

最後は、いよいよ、オリーブオイルについての説明です。

 

オリーブオイルとは、
精製オリーブオイルにバージンオリーブオイルをブレンドしたもの。

日本で「オリーブオイル」といえば、このタイプを示しています。

 

このオリーブオイルも、さらに次の2種類に分類されます。

 

・ピュアオリーブオイル
 酸度1.5%以下

 精製オリーブオイルとバージンオリーブオイルをブレンドした種類。
 日本のスーパーなどで「オリーブオイル」としか表示が無いものは、

 コレですね。お値段も安価。
 バージンオリーブオイルのブレンド比率は

 各メーカーで差がありなりますが、ほとんどが10%以下です。

 

 そもそも、バージンオイルを加えるのは、
 味も香りもない精製オイルに風味を加えるため。

 比率が低ければ、それだけ味も落ちます。

 

・オリーブポマースオイル
 酸度1.5%以下

 精製オリーブポマースオイルとバージンオリーブオイルを
 ブレンドしたもの。

 必ず、「オリーブポマースオイル」と表示されています。

 

 

ちなみに、日本で販売が許可されているのは

 

・ 「エクストラバージンオリーブオイル」
・ 「ピュアオリーブオイル」

・ 「オリーブポマースオイル」

 

…の3種類のみです。

オリーブオイルの種類関連エントリー